オッサ OSSA ファクトリーのマフラー

2015年07月04日


オッサを買ってから2年が過ぎました。このところ排気音が少しパンパン言うようになってきました。極低速も購入時に比べるとトルク感が薄くなってきましたので、マフラーをO/Hしてみました。

先ずは取り外しから。オッサ ファクトリーのマフラーは簡単に外れます。リヤフェンダーは5本、マフラーは4本外せば取れます。しかもトルクスレンチ1本でOK。

 

IMG_0355 IMG_0356

マフラーの裏蓋のリベットを外したら、案外汚れていません。(ちょっとガッカリ)

IMG_0357 IMG_0359

グラスウールを外していきます。かなりきっちりと詰め込んで有ります。

IMG_0360 IMG_0361

グラスウールを外していくと、中からパイプが見えてきます。

IMG_0362 IMG_0363

テールのリベットも外して、前側のパイプと後ろ側のパイプを分離します。ただ差込んであるだけですが、結構きっちりと作ってあるので少したたく位で抜けると思います。

IMG_0364 IMG_0365

フロントパイプ側のパンチング部分にはスチールウールが巻いてあります。これは準備しておいた物を使うので廃棄します。

IMG_0367 IMG_0371

各部のカーボンを落として綺麗に掃除しておきます。

買っておいた、ステンレスウールとキジマが販売しています高品質消音材を使って組み付けます。

この時点で、元々マフラーから出したウールの量と比べると、明らかに足りない感じがします。もともとのウールも2.3種類品質の違うウールが入っていたので、足りない分は店に有った昔ながらのふわふわのウールを詰め込みました。

IMG_0372 IMG_0373

一部フェンダーと干渉して穴が開いています。後日FRPか何かで補修しようと思います。

IMG_0377 IMG_0382

ギュウギュウに詰め込んだウール

IMG_0383 IMG_0384

厚みが0.8mm位の蓋 ボディー自体も薄いところは0.8mm位

IMG_0387 IMG_0388

まだ、このブログを書いているときはエンジンを掛けていませんので、どのように変わったかが解りませんが楽しみです。

取扱いメーカー スズキ |  ヤマハ |  ホンダ |  PGO |   VERTIGO | SHERCO |  GASGAS |  BETA | 

リンク集 |  お問い合わせ | https://twitter.com/motofield

Copyright© Bike Shop MOTO FIELD All rights Reserved.